肥満について

肥満について

ここ数年の間に、メタボリック症候群の危険性が浸透し、そのための対策グッズや健康食品が多く見られるようになりました。それだけ、多くの人がメタボに対して意識しているのでしょう。

特保に認定される健康食品も種類が豊富になりましたからね。気になる人は有効利用するとよいでしょう。

では、年齢を重ねるにつれて肥満になっていくのはどうしてだか知っていますか?

実はそれには男性ホルモンが影響しているのです。思い出してみてください。20代のとき、いくら食べても太らなかったと思います。男性ホルモンというのは20代をピークにして徐々に下降していきます。

男性ホルモンが少ない人は内臓脂肪が溜まりやすい体になることが分かっているのです。

ですので、中高年男性の中でメタボリックが気になるという人は、男性ホルモンを直接取り入れても良いですが、男性ホルモンの分泌を促す素材や成分を摂り入れることも一つの手段です。

というのも、男性ホルモンだけではなく、複数の成分が配合されていることでバランスよく有効成分を摂ることができるからです。

また、それに加えて脂肪燃焼や筋肉を作る成分が含まれた食事にするなど工夫することでさらに肥満の予防・改善につながるのではないでしょうか。