加齢とともに減少する成長ホルモン

加齢とともに減少する成長ホルモン

サプリメントや健康食品などによく含まれている成分、アルギニン。

アルギニンは免疫機能を強化する成長ホルモンを合成し、体脂肪の代謝を促進すととされ
アルギニンは条件付必須アミノ酸と言われています。

成長ホルモンには、肉体や精神を強める働きがありますから、精力回復や栄養補助剤など
としてサプリメントに配合されています。

成長ホルモンの量は加齢とともに少なくなっていきます。
なので外部からの摂取が重要になってくるのです。

アルギニンは鶏肉、大豆、高野豆腐などに含まれています。胃腸が弱い方が過剰に摂取すると、
まれにお腹がゆるくなります。また、アルギニンを効果的に摂取するためには、
クエン酸などを含む柑橘系や酢の物、またビタミンB?を含むカツオやマグロと一緒に
摂取したほうが良いといわれています。

アルギニンは亜鉛と共に精子の構造に関わっている成分です。
性交時の勃起維持にも有効と言われているのです。

これには、アルギニンによって作られる一酸化炭素が関係しています。

アルギニンを摂取する事で一酸化炭素の生成量が増えると、硬くなった血管を柔らかく
する働きがあるので、結果として動脈硬化の改善にも良いという事です。

また、血管平滑筋を弛緩する作用によって、陰茎に血液が流れやすくなるのでEDの改善に有効とされています。